TOP > スタイリスト佐藤佳菜子のブログ -Kanako's Blog-

さてさて、

5613d26d.jpg午前中、
一本撮影をして、

いま、
TBSにやってきました。

きょうは春らしくて
あったかいから、

素足に
ピンクベージュの
ローファー。

ミュウミュウです。

今日は

f93643a0.jpgうちの息子
トロのお誕生日。

5ちゃい。

こんなに
赤ちゃん顔なのに
もう、けっこうおっさん。

トロは
私がリタさんのアシスタント時代に
うちに来て、

それから、
この5年間、
ずっとそばで私を見てくれています。

悲しくて
泣いた日も、

嬉しくて
泣いた日も、

もちろん
笑顔の日も

ずっと
そばにいてくれます。

小さいふわふわに
どれだけ
癒され、慰められ、
温められたかしれません。

とっちゃんとの
蜜月が
いつまでも続きますように。

それが
ママの願いです。

昨日の記事に
温かいコメントを
くださったみなさん、

本当に
ありがとうございました。

ママがみたら
それはそれは
喜んだでしょう。

ひとりずつ
お返ししたいのですが、

いまから、
撮影なので、

また後ほど
ゆっくり。

今日も
ハッピーにがんばりましょ。

実は

38788ce3.jpg去年の10月末、
最愛の母が
この世を去りました。

56才の若さでした。

彼女は一生涯、
ステキで可憐なものに
囲まれて暮らし、

いまは、
それらのものが、
私と妹の元に
やってきました。

洋服の楽しさを
教えてくれたのも、

ステキなものの
匂いと佇まいを
この目に見せてくれたのも、

上品とは
何かを教えてくれたのも、

女性として艶やかな肌を
保つ必要性を
説いてくれたのも、

つねに、
身綺麗にし、
凛としている美しさを
見せてくれたのも

すべて
彼女です。

潔癖症の彼女らしく、
それはそれは
きれいに使われ、

それはそれは
きれいにしまわれていた
数えきれないほどの宝物たち、

洋服、バッグ、靴、時計、ジュエリー、傘、扇子…などなど

彼女が
一生をかけて
少しずつ集めてきた
最愛のアイテムたち。

最初は
なににつけても
母が思い出されて
見るのもつらかった。

でも、
半年の時を経て、

最近
少しずつ、
私のコーディネートに
加わり始めました。

スーパーコンサバティブだった
彼女の着こなしとは
全然違う使い方だけれど、

たしかに
私のコーディネートに
馴染むから不思議です。

母子の血って
すごい。

このクロコダイルの
ハンドバッグは

たぶん
とっても昔のものだと
思うけど、

こんなに
つやつやでキレイ。

昨日の
コーディネートに
持っていたのです。

ママのものを
持った日は

なんだか
守ってもらえている
気がして

ちょっぴり
強く、凛とできる気がします。

もう二度と会えないけど
ママの残した
アイテムが

これからもずっと
こっそり私を
支えていってくれる気がします。

私がスタイリストになったのは
いうまでもなく、
彼女がいたからです。

ママ、本当に
ありがとう!

今日も
娘は楽しい1日を過ごしました。

ちゃんと
クリームも塗って
すべすべです(笑)

ヘアについて 2

3e7bda5b.jpgヘアについて
質問をくださった
ルイママさん、

わたしは
コテは
ふつうのを使っていて
スペシャルなものは
わからないのですが、

ふんわりさせるために、
まず、
適当に巻いて、

おわったら、
こんな感じで
もりっとグリップで止めて

そのまま
メイクをします。

で、
メイクが終わった頃に
外すと、

ふんわりしている
気がします
(笑)

ヘアに関しては
素人なので、

完全に自己流で
ごめんなさい…(ToT)

洋服

994dba90.jpg
f4a8330a.jpg
きょうは
お外でサッカー見なくちゃ
いけなかったから

カジュアルな
ダウンベストでした!

モンクレールの
春夏のダウンだよ。

Kanako Sato
佐藤佳菜子。慶応義塾大学卒業。スタイリスト高橋リタさんに師事し、07年独立。現在、Oggiを中心に活躍、読者の絶大な支持を得ている人気スタイリスト。ベーシックカラーどうしの組み合わせでもひときわおしゃれに見せる卓越したセンスの持ち主。 また、靴に関しては人一倍のこだわりもある。

Contact
twitter
記事検索